発酵食レシピ|ハルの発酵食日記
更新日 2015/10/05

【レシピ:ヨーグルト】ヨーグルトのさわやかな酸味とマンゴーの食感が楽しい~(≧∇≦)ふっくら・もっちり「マンゴーヨーグルトシフォン」

皆さん、タニカ電器公式サイトの「すばる屋」はご存知ですか?

ヨーグルティアやKAMOSICOの他、ヨーグルトを美味しく頂く為の食品も販売されているんですよ♫

今回は、その中でもこだわりのドライフルーツを作る「多々楽達屋」さんのドライフルーツを使って「マンゴーヨーグルトシフォンケーキ」を作ってみたいと思います♫

ちなみに、ドライフルーツには、便秘解消や調整作用に効果的な「食物繊維」、日本人に不足しがちな「ミネラル」、若々しく健康を保つ為の「抗酸化物質」が豊富に含まれているスーパーフードなのです!

しかも、生のフルーツより効率よく栄養をとる事ができ長期保存も可能なので、手軽に使える所がいいですよね♫

では、作っていきま〜す(-_^)

「マンゴーヨーグルトシフォンケーキ」の作り方

<材料>

•薄力粉 60g
•ヨーグルト 100g
•マンゴードライフルーツ 30g
•てんさい糖(砂糖) 60g
•卵 3個
•オリーブオイル 大2

マンゴーヨーグルトシフォンの材料

<下準備>

①ヨーグルトを2時間〜一晩水切りしておきます。

②卵は卵黄と卵白に分けておきます。

③薄力粉は振るっておきます。

④ドライマンゴーは細かく刻んでおきます。

<作り方>

①卵黄のボウルに砂糖の1/3を入れ、泡立て器で混ぜます。

②オリーブオイルを入れて馴染むまで混ぜます。

卵黄と砂糖、オリーブオイルをよく混ぜる

③ヨーグルトを加えて混ぜます。
ヨーグルトを加える

④振るっておいた薄力粉を入れ、ダマが出来ない様に混ぜます。

薄力粉を入れ混ぜる
⑤卵白をハンドミキサーで泡立て、白くなったら残りの砂糖の半分を加え、あとが残る様になったら残りの砂糖も加えてツノが立つ位のメレンゲを作ります。

卵白でメレンゲを作る

⑥オーブンを180度に予熱し始めます。

⑦卵黄の生地にメレンゲをひとすくい入れてしっかり混ぜ合わせます。

刻んだドライマンゴーも入れて混ぜます。

メレンゲをひとすくいとマンゴーを入れて混ぜる

⑧残りのメレンゲをボウルに流し入れ、ゴムベラでメレンゲを壊さない様にさっくり混ぜあわせます。

残りのメレンゲを入れる

⑨少し高い所から生地を流し入れ、最後に型をトントンして空気を抜きます。

型に生地を流し入れる

⑩180度で30分焼きます。

180℃で30分焼く

途中5分経過した所で、生地に切り込みを入れるときれいに焼きあがります♫

途中で生地に切り込みを入れる

焼きあがりました〜*\(^o^)/*

完成

逆さまにして冷やします。

逆さにして冷やす

切り分けていただきまーす*\(^o^)/*

切り分けたシフォンケーキ

しっかり泡立てたメレンゲとヨーグルト効果で、ふっくらジュワッっとしているのに噛むともっちりしていて美味しい〜(≧∇≦)

ドライマンゴーも、表面に近い所のものはカリッとした食感、中の方のものは水分を吸収してふっくらした食感が楽しめます♫

ヨーグルトの酸味は後味のさわやかさに変わり、サラダ油の代わりにオリーブオイルを使っているのでとってもヘルシーですよ♫

ヨーグルトはそのまま食べるだけでなく、ケーキ作りにも大活躍!!

ますますヨーグルトが手放せなくなりました(o^^o)

機会があったら一度作ってみて下さ〜い*\(^o^)/*

ドライフルーツもオススメです(^_−)−☆

Share