発酵食試作|かおりの発酵実験室
更新日 2014/12/02

【作り方:納豆】納豆(水煮豆ミックス編)

かなの実験室へようこそ!

今回は水煮豆のミックスを使って納豆を作ってみたいと思います。
今回は大豆のほかに赤いんげん、青大豆、ひよこ豆が入っています。

●今回の実験内容

①水煮豆ミックス 250g程度(カネハツ サラダに!まめ×2袋)
②納豆 大さじ1(おかめ納豆)
③発酵温度 45℃
④発酵時間 24時間

ミックス納豆準備

●サラダに!まめ(青大豆、ひよこ豆、赤いんげんの栄養)

サラダに!まめ(青大豆、ひよこ豆、赤いんげんの栄養)
青大豆:大豆と同じく良質のたんぱく質が豊富に含まれています。他にも、ビタミン類やカルシウム、鉄分、レシチンなど、さまざまな成分が含まれています。
レシチンには脳の働きを高めて、集中力や記憶能力、学習能力を高める作用や老化を防ぐ働きがあるとされています。

ひよこ豆:良質なたんぱく質を含み、また食物繊維も豊富です。

赤いんげん:鉄分、カルシウムが豊富に含まれています。不溶性の食物繊維も多く、便秘や肌荒れの解消に役立ちます。

*カネハツHPより

サラダに!まめ

●実験開始

水煮の豆を沸騰したお湯で茹でこぼし、温める。
(豆が冷たい状態だと納豆菌が繁殖しません)

消毒した内容器に、大豆の水煮と納豆大さじ1杯をいれよく混ぜます。

容器の内蓋をしないでネジ蓋を閉め、本体に薄い布をかぶせて蓋をずらしてのせます。

ヨーグルティアに布をのせる

45℃で24時間にセットして発酵スタート。

途中 2回ほど混ぜて空気を送りました。

24時間後。粘りも出ていました。完成です!

出来上がったら冷蔵庫へ、1~2日熟成させます。
約1日後、完成。

ミックス納豆完成

食す

糸もしっかりと引いて、見た目がカラフルな納豆が出来ています。
ご飯と一緒に食べると大豆味の濃い納豆という感じで、大豆で作る納豆と比べて味に変化はほとんどありません。ひよこ豆がホクホクとした食感でアクセントになっています。
それぞれの豆を一粒ずつ食べてみると、少し味の違いを感じる事が出来ます。

 

見た目がかわいかったです♪
もう少し豆それぞれの味になったりするのかなと思っていましたが、ご飯と一緒に食べるので味の違いはほとんどわからないです。
豆によって豊富に含まれている栄養が違うので、いろいろな栄養を同時に摂取できるところが魅力です!!

次回は濃い牛乳でヨーグルトを作ってみたいと思います。

●サラダに!まめの成分表

パッケージ裏面の表示
・名称:そう菜
・原材料名:大豆、ひよこ豆、いんげん豆、砂糖、食塩、醸造酢、調味料(有機酸)、酸化ca

栄養成分(1袋125gあたり)
・エネルギー:180kcal
・たんぱく質:15.7g
・脂質:5.8g
・糖質:11.6g
・食物繊維:8.5g
・ナトリウム:368㎎
・カルシウム:110㎎
・ビタミンE:1.1㎎
・イソフラボン:96.2㎎

Share