発酵食試作|かおりの発酵実験室
更新日 2014/11/07

【食レポ:ヨーグルト】コンフィチュール(ピオーネ、赤ワイン)

かなの実験室へようこそ!

今回はコンフィチュールのラストです。ぶどうのコンフィチュールを食してみたいと思います。

コンフィチュー(4種類)

●今回の実験内容

①コンフィチュール(ピオーネ、赤ワイン)を食す

コンフィチュールピオーネ

●コンフィチュール

一般的にジャムとコンフィチュールは、同じものと思われていますが、厳密には形状や加工法に違いがあります。パンに塗って食べるにはジャムの方が、ヨーグルトに混ぜて食べるにはコンフィチュールの方がいいと言われています。
「パティスリー ル・パニーエ」のオーナーシェフ鳥村拓弘さんが作るコンフィチュール。一本一本手間をかけ、一鍋で20本しかできない手作りコンフィチュール折り紙つきのおいしさです。
*タニカ電器Facebookキャンペーンより

食す

おおきなピオーネが皮をむいた状態で丸ごと入っています。自然なぶどう色で、甘酸っぱい中にほんのりワインの香りが少し大人な感じです。

コンフィチュールピオーネを食す

口に入れると甘酸っぱいぶどうの味が広がり、甘味が舌に絡みつきさっと消えていきます。果肉は柔らかく、味がしみ込んでいて、大きいので食べ応えがあります。

 

これもまたヨーグルトとの相性抜群です♪    
一般的なジャムよりも水分量が多いため、ヨーグルトに自然に溶けなじんでいきます。

贅沢に4種類のコンフィチュールをいただきました。
とても美味しかったです。ごちそうさまでした!!!

次回はタカナシのおなかへGG!(特定保健用食品)ヨーグルトを種として、ヨーグルトを作ってみたいと思います。

●コンフィチュール(ピオーネ、赤ワイン)の成分表

パッケージ裏面の表示
・名称:コンフィチュール
・原材料名:ピオーネ、果糖、赤ワイン、レモン果汁
・内容量:160g

Share