発酵食試作|かおりの発酵実験室
更新日 2014/10/31

【食レポ:ヨーグルト】コンフィチュール(ゴールデンキウイ・オレンジ)

かなの実験室へようこそ!

今回はコンフィチュールの試食第二弾。キウイのコンフィチュールを食べてみたいと思います。

コンフィチュー(4種類)

●今回の実験内容

①コンフィチュール(ゴールデンキウイ・オレンジ)を食す

コンフィチュールキウイ

●コンフィチュール

一般的にジャムとコンフィチュールは、同じものと思われていますが、厳密には形状や加工法に違いがあります。パンに塗って食べるにはジャムの方が、ヨーグルトに混ぜて食べるにはコンフィチュールの方がいいと言われています。
「パティスリー ル・パニーエ」のオーナーシェフ鳥村拓弘さんが作るコンフィチュール。一本一本手間をかけ、一鍋で20本しかできない手作りコンフィチュール折り紙つきのおいしさです。
*タニカ電器Facebookキャンペーンより

食す

見た目はきれいな黄色で、細かなダイス状にカットされたキウイの果肉と種のつぶつぶがかわいらしいです。南国フルーツの甘酸っぱい香りがします。

コンフィチュールキウイ

そのまま食べると甘いですが、ベリー系同様しつこい甘さではなく、口の中でさーっと溶けていく感じです。
ゴールデンキウイだからでしょうか、酸味は全くなく種のつぶつぶ食感がなければ、マンゴを食べているような気分でした。時折オレンジの甘さを感じます。

 

こちらもヨーグルトとの相性は抜群です。
甘味が十分あるので砂糖を加えていないタイプのヨーグルトにお勧めです。
ヨーグルトと食べるとますますマンゴーな感じでした。果肉がしっとり柔らかで美味しいです♪

次回はリンゴ・パイナップル・グレープフルーツのコンフィチュールを食べてみます。

●コンフィチュール(ゴールデンキウイ、オレンジ)の成分表

パッケージ裏面の表示
・名称:コンフィチュール
・原材料名:ゴールデンキウイ、果糖、オレンジ、レモン果汁
・内容量:160g

Share