つれづれ
更新日 2018/05/30

【作り方:サワークリーム】3種の粉末種菌からサワークリーム~発酵バター編

発酵バター
皆さんこんにちは、営業部の久田です

発酵食ブームで、ご家庭でいろんな発酵食に挑戦しておられる方も増えていますね

そこで!!
おすすめなのが「サワークリーム」

生クリームにヨーグルトを入れて発酵させたものですが、さわやかな酸味と生クリームのコクがなんともおいしい発酵食品のひとつです

あまり馴染みのない方も多いと思いますが、そのまま食べても良し、攪拌して発酵バターにしても良し、とっても使い勝っての良い発酵食品なんですよ♪

普段は出来上がったヨーグルトを種にするのですが、今回は粉末種菌を使ってサワークリームを作ってみたいと思います

乳酸菌の違いで味や食感も変わるのでしょうか?楽しみです((((o゚▽゚)o))) ドキドキ♪

「サワークリーム」の作り方

<材料>

・純生クリーム 400ml

①ABCT種菌 1包

②ケフィア 1包

③ヨーグルトの願い 1包


<作り方>

① 消毒した内容器に、生クリームを入れ粉末種菌をふり入れかき混ぜます

② 内ぶたと取っ手ふたをしめ、本体に入れます

③ それぞれの粉末種菌の発酵温度と時間に設定し、スタートボタンを押します

④ 発酵時間が終了したら、冷蔵庫に入れてください

さっそく試食してみると、使用した種菌により味・食感・酸味が違いました 個人的な感想ですが、それぞれの特徴をまとめてみました

ABCT種菌(42℃/12時間)

やわらかくなめらかな食感
生クリームのミルク感とさわやかな酸味が特徴

ABCT

ケフィア(25℃/24時間)

バタークリームのような固めの食感
酸味が強く濃厚な味わい
ケフィア

ヨーグルトの願い(27℃/24時間)

表面はかなり固めだが、中心部分はとろっとなめらか
酸味は少なくなめらかなクリーム状

ヨーグルトの願い
それぞれのサワークリームは発酵バターにしてみました
(加塩バターにする場合は、サワークリームに塩1~1.2gを混ぜてください)
発酵バター
見た目はみんな同じに見えますが、味はどうなんでしょう…

( ,,`・ω・´)ンンン?
まさかの同じ味です!!

発酵バターになると、それぞれの個性は消えてなくなってしまうようです
ちょっとがっかり⤵

せっかくなので、できた発酵バターをパンケーキにのせてみました
パンケーキ
爽やかな酸味とくちどけの良い発酵バターがパンケーキに染み込んで、なんとも贅沢な味わいです✨

バケットやスコーンにたっぷりつけても美味しそう~(≧ڡ≦*)

発酵バターは、甘酒や味噌などの発酵食品との相性もいいようなので、
+αで自分好みの発酵バターにアレンジしてもいいですね

まだサワークリームや発酵バターを作ったことがない方に、ぜひおすすめしたいです♪

発酵バターのアレンジレシピはこちらから


タニカブログ「発酵ガーリックバター」編


タニカブログ「発酵味噌バター」編


タニカブログ「発酵甘酒バター」編

Share