母の日特集
更新日 2018/02/20

【レシピ】「米麹入り手作り餃子」ワンタンの皮がパリパリっ!旨味たっぷりの美味しい餃子が出来上がりますよ♫

今日は日曜日。
朝から雨が降っているけど、何処かへ出掛けたい!!

そんな時、Facebookで面白そうな工作教室を見つけたので行ってきました(^ ^)

材料はダンボールのみで、家、キッチン、本棚、椅子、時計、迷路等の中から好きなモノを選んで作ります。

「迷路」を選んだ次男坊。
どんな迷路が出来るかな〜(^ ^)
工作をするせんちゃん
作業する事2時間。。。

出来上がりましたーーー\(^o^)/
ダンボール迷路
次男坊設計の「ダンボール迷路」

実は、ちょっとのつもりで手伝っていたら親の方がハマってしまい、次男坊との合作となりました(^-^)v

でも、一枚のダンボール紙から、ビー玉の転がる道を計算しながら作っていくのは結構頭を使いました(^^;;

何でも一から作るのって難しいですねσ^_^;

でも久々に時間を忘れて夢中になりました(*^ω^*)

今度家でも挑戦してみよっと♫
さて本日は、いつもの餃子に「ある食材」を加えるだけで、餃子が数倍美味しくなる方法をご紹介します(^ー^)

そのある食材とは

「米こうじ」

塩こうじや甘酒を作る時につかう「米こうじ」を、本日はそのまま使っちゃいます(^ ^)

では、早速作っていきますね♫

「米麹入り手作り餃子」の作り方

<材料>

・ 豚ひき肉                        300g

・ キャベツ                        1/2玉

・ ネギ                            2本

・ 米こうじ                        15g

・ すりおろし生姜                大1/2

・ すりおろしニンニク           大1/2

・ オイスターソース              大1

・ 塩コショウ                     少々

・ ワンタンの皮                  60枚分

<作り方>

①キャベツはみじん切りにして塩をふって置いておき、15分位経ったら水分を絞ります

②ボウルに全ての材料を入れてよく混ぜます
ボールに材料を入れる

③こんな感じになったら、ラップをして冷蔵庫で半日程寝かせます

材料を混ぜる
④ワンタンの皮に小さじ山盛り1杯程の具を乗せ半分に折って包みます

⑤油を引いたフライパンに餃子が重ならない様に並べ、中火で焼き色が付くまで焼きます

⑥焼き色が付いたら水を全体に回し入れ蓋をします

⑦皮が半透明になって中の具が透けて見えたら蓋を取り、皮がカラッとしたら出来上がりです
餃子を焼く

出来上がり♫

出来上がり
焼きたてアツアツを頂きまーす\(^o^)/

やっぱり焼きたては最高ーーーー♪───O(≧∇≦)O────♪こめこうじ

ワンタンの皮がパリパリっ!
その中から旨味たっぷりの具材が口に広がり、噛めば噛むほど旨味が溢れ出す、美味しさ満点の餃子が出来上がりました(^-^)v

美味しさの秘密は、具材と米こうじを一緒に寝かせる事で、麹の中の酵素「プロテアーゼ」がタンパク質を分解して旨味成分「アミノ酸」に変えたため、肉が柔らかく美味しくなったのです!!

自分で作る餃子は味が決まらず、肉が硬くなってしまう。。。って事ありませんか?

そんな時は、米こうじを入れて冷蔵庫で寝かせるだけで、旨味たっぷりの美味しい餃子が出来上がりますよ♫

この日は、60個を3人でペロリと平らげてしまいました(^-^)v

子供たちも大満足の「米こうじ入り餃子」

興味のある方は、是非一度「こうじマジック」をお試し下さい(^з^)-☆

Share