つれづれ
更新日 2018/01/21

【作り方:甘酒】「甘酒の日特集」いろんな甘酒を作ってみました(後編)

いろんな甘酒
皆さんこんにちは、営業部の久田です

前回、1月20日「甘酒の日」にちなんでいろんな甘酒を作ってみることに。。。

今回は後編☆
私の個人的な興味のみで作った④~⑥の甘酒たち

どんな甘酒ができたのでしょうか((o(^∇^)o))わくわく


<試作内容>
① 雑穀ご飯と芋
② 雑穀ご飯と野菜
③ トライフルーツ&シードミックス
④ チョコバナナ
⑤ 青汁
⑥ 苺ミルク

今回は④から⑥の作り方をご紹介します♪
(①から③は前編をご覧ください)

「チョコバナナ甘酒」の作り方

<材料>
・ご飯 1合(約330g)
・米こうじ 200g
・水 200g
・バナナチップス 20g
・ナッツ(アーモンド・カシューナッツ) 20g
・ココア 小さじ1


<作り方>
① 消毒した内容器に炊き立てのご飯と水を入れよく混ぜます

② ほぐした米こうじと、バナナチップス・ナッツ・ココアを入れよく混ぜます

③ 温度を60℃、タイマーを6時間にセットし、スタートボタンを押します

③ 6時間後、甘くなっていれば完成!!

チョコバナナ甘酒

試食結果


チョコレートを食べているような甘さがあります
ナッツの歯ごたえがいいアクセントになっています

バナナチップスは存在が薄く、味はしませんでした

「青汁の甘酒」の作り方

<材料>
・ご飯 1合(約330g)
・米こうじ 200g
・水 200g
・ゆで小豆(缶詰め・無糖) 20g
・青汁 1袋(3g)
<作り方>
① 消毒した内容器に炊き立てのご飯と水を入れよく混ぜます

② ほぐした米こうじと、ゆで小豆・青汁を入れよく混ぜます

③ 温度を60℃、タイマーを6時間にセットし、スタートボタンを押します

④ 6時間後、甘くなっていれば完成!!
青汁甘酒

試食結果

青汁がこうじ効果で食べやすくなり、抹茶風味の甘酒に大変身✨
トッピングの小豆がホクホクしていて、和風を演出しています

「いちごミルク甘酒」の作り方

<材料>
・ご飯 1合(約330g)
・米こうじ 200g
・水 200g
・ドライストロベリー 20g
・スキムミルク 1袋(16g)
<作り方>
① 消毒した内容器に炊き立てのご飯と水を入れよく混ぜます

② ほぐした米こうじと、ドライストロベリー・スキムミルクを入れよく混ぜます

③ 温度を60℃、タイマーを6時間にセットし、スタートボタンを押します

④ 6時間後、甘くなっていれば完成!!
いちごミルク甘酒

試食結果

「いちごミルク」の飴からひらめいた甘酒
苺の甘酸っぱさと、ミルクのコクが口に広がります

お湯に溶かして飲むと、ミルク感が増して美味しいです



社内の試食では、以外にも青汁甘酒が高評価でした✨
青汁が飲みにくくて続かない方は、甘酒にすると飲みやすいかもしれませんね

私イチ押し「チョコバナナ甘酒」と「いちごミルク甘酒」は不評でした
おいしいのになぁ…p(´⌒`q)

これ以外にもボツになった甘酒がありまして。。。

「バナナ甘酒」

ミニオンの影響を受け「バナナ・バナナ」と入れてみたところ
表面の空気に触れているバナナは茶色に変色し、とってもバナナ臭い甘酒ができました

「塩トマト甘酒」

塩トマトと甘酒が全くなじまず、塩トマトのアウェー感がする甘酒でした



皆さんも甘酒にいろんな食材を入れて、オリジナル甘酒に挑戦してみませんか?
新たな発見に出会えるかもしれませんよ(◍•ᴗ•◍)

Share