発酵食レシピ|ハルの発酵食日記
更新日 2018/01/19

【食レポ:甘酒】1月20日は「甘酒の日」寒さが厳しい大寒は、栄養価が高く身体を温める「甘酒」を飲んで元気に過ごしましょうp(^_^)q

1月20日は「大寒」です。

一年中で寒さが最も厳しくなる時期の始まりとされ、立春の2月4日頃までの約15日間を「大寒」と言います。

つらら
そして、この日が「甘酒の日」という事をご存知でしたか?

昔から寒さから身を守る為に、栄養価が高く身体を温める飲み物として飲まれていた「甘酒」

これを多くの人に広めようと2009年に森永製菓が「甘酒の日」としたそうです。

ちなみにこちらが森永製菓の甘酒

森永製菓の甘酒
このデザイン‼️

一度は見かけた事がある方も多いと思いますが、こちらの甘酒缶は、1974年から40年以上もの長きにわたり販売されているロングセラー(^^)
酒粕と米麹の両方をブレンドし、酒粕の深いコクと米麹の優しい甘みが特徴です。

また米麹のみで作られた甘酒がこちら。

米麹甘酒 width=
近年の麹ブームもあって2年前から販売されています。

さて、そんな大注目の「甘酒」

飲む点滴と言われるほど栄養価が高いのは皆さんご存知だと思いますが、その他にも、ダイエットや美容効果も期待されているので、女性が好んで飲む飲み物というイメージがありますよね。

しかし、甘酒は女性だけでなく、お疲れ気味のお父さんや働き盛りの男性にも嬉しい効果があるんですよ(^_-)

甘酒に含まれる「酵素」は、食べたものの分解を助ける効果があり、胃もたれや胸やけを防ぎます。

年末年始で飲み会の多かったお父さん!!
甘酒を飲んで是非胃腸を労ってあげて下さい(^_-)

また、これから新年会や送別会で飲み会の予定のある男性にも朗報です!!

お酒を飲む前に甘酒を飲むと二日酔い防止になるそうですよ(^^)v

「飲む前に飲む!!」

ただ、一気に飲むと血糖値が急激に上昇してしまうので、甘酒を飲む時はゆっくり飲んで下さいね(^_-)

また、甘酒に含まれるアミノ酸の一つGABA(ギャバ)は、副交感神経に働きかけ体をリラックスさせる効果があり、心も体も癒されて眠りに付く事ができます。

毎日外で神経をすり減らして頑張っている方は、神経疲れで眠れない事もあると思います。そんな時は、眠る前の「甘酒」を習慣にすると質の良い睡眠が得られますよ。

また、質の良い睡眠は肌細胞を活発にするので美肌効果大!!

美意識の高い男性には必見ですよ(^^)v

「甘酒」は老若男女問わず飲んで嬉しい効果がたくさん!!

改めて「甘酒」効果を復習したら、私も甘酒が飲みたくなってきました(^^)

こちらは以前ご紹介した「85(ハチゴウ)」さんで購入した古代米と黒人参入りの「古代米甘糀」

古代米甘糀
お湯で2倍に希釈して頂きます
古代米甘糀試飲
米と古代米のダブル使いと黒人参の甘みで、まるでお汁粉の様な甘さでありながらも後味はさっぱり(*´꒳`*)

ちょっと甘いものが食べたいな〜って時に持ってこいの美味しい「甘酒」でした(^^)

皆さんも、是非「甘酒の日」を機会に、甘酒生活を始めて、笑顔で健康に一年を過ごしましょうp(^_^)q

Share