発酵食レシピ|ハルの発酵食日記
更新日 2017/12/26

【レシピ:塩麹】「塩麹鯛めし」塩麹の優しい塩加減が鯛の美味しさをより引き立たせています!! 大葉の香りも広がって何とも大人の味わい(о´∀`о)

先日、次男坊の保育園最後の発表会がありました。

今年の演目は「ももたろう」

次男坊は鬼役で、これでも鬼になりきって怖い顔をしています(^-^;

20分程の短い劇でしたが、物語を子供達でアレンジし、最後はなんと、鬼に捕まっていたお姫様と桃太郎が結婚するという、見ていた親もびっくりのハッピーエンドで終わりました♫

保育園に通って3年。

年少の時は舞台に棒立ちしていたのに、年長では鬼になりきって大きな声でセリフを言う姿をみて、しみじみと成長を感じたのでした(*´꒳`*)

鬼役のせんちゃん
さて本日は、そんな次男坊の成長を祝って「鯛めし」を作る事にしました(^-^)v

と言っても、今回も簡単なのでご安心を!

基本、お釜や炊飯器がやってくれるので(^_-)

では、作っていきますね♫

「塩麹鯛めし」の作り方

<材料>

・米                                           3合

・調理済みの鯛(お釜に入るサイズ)       1匹

・昆布                                  10㎝程

・生姜                                       1片

・塩麹                                       大1

・酒                                           大1

・醤油                                       大1

・大葉(薬味用)                    10枚

<作り方>

① お米を研いでザルにあけておきます

② 鯛は少し塩を振り、両面焼いておきます

③ 生姜、大葉はみじん切りにしておきます

④ 米をお釜に入れ、塩麹、酒、醤油を入れ、3合の目盛りまで水を入れて良く混ぜたら、昆布、生姜を入れます
お釜に米と調味料を入れる

⑤ 鯛を入れて蓋をし炊飯スタート

鯛とだしを入れる

炊き上がりました\(^o^)/ 蓋を取った瞬間の鯛の香りがたまりませーーん(*≧∀≦*)

鯛めし完成

⑥ 鯛を取り出して骨と皮を取ったら、身をお釜に戻して混ぜます

鯛の身をほぐす

⑦ 大葉を乗せて出来上がり♫

仕上げに大葉をのせる
鯛の旨味がギュッと詰まったテンションの上がる贅沢ご飯ーー(*≧∀≦*)

塩麹の優しい塩加減が鯛の美味しさをより引き立たせています!!

大葉と一緒に頂くと、口の中で大葉の香りも広がって何とも大人の味わいに(о´∀`о)

これは美味しいぃーーーー☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

鯛を丸っと1匹使うと、骨からも旨味が出るそうなので、作る際はなるべく丸ごと使うと美味しくできますよ(^ ^)

ちょっとしたお祝い事や、集まりに作ると食卓が一気に華やぎ、ゲストもテンションが上がる事間違いなしの「塩麹鯛めし」・:*+.\(( °ω° ))/.:+

簡単なので是非一度お試しください(^_−)−☆

Share