発酵食レシピ|ハルの発酵食日記
更新日 2017/12/08

【食レポ】「かんずり」トウガラシの辛味、糀の旨味と深み、柚子の爽やな後味まで味わえる最高の発酵香辛料!!

本日は、新たな発酵食を見つけたのでご紹介したいと思います(^ ^)

本日ご紹介するのは、新潟県妙高市で作られる香辛料「かんずり」

かんずり
こちらは、以前「マツコの知らない世界」でマツコさんが絶賛した事で、あっという間にトレンド入りしました

原料となるのは、
・地元産のかんずり用トウガラシ
・糀
・柚子
・塩

以上!添加物は一切入っていません!

柚子が入っているという事は、柚子胡椒に近い味なのかな?
ちなみに柚子胡椒の原材料は、
・柚子
・青唐辛子
・塩

糀以外はほとんど一緒ですね。

糀が入る事で味にどんな違いがでるのか気になります(*^ω^*)

では、作り方を簡単に説明すると

① 地元産のかんずり用の為だけに自然交配したトウガラシを9月頃収穫し、その後4ヶ月塩漬けにします

② 雪さらしといって、雪の上に塩漬けしたトウガラシをまいてアク抜きします

雪さらし
この雪さらしをする事で、トウガラシのアクを雪が吸い取り辛味がまろやかになるそうです

③ その後、糀、塩を加えて3年間熟成発酵して出来上がります

かんずり
トウガラシと塩という発酵しにくいものを低温で発酵させる為、3年もの時間をかけるそうです

どうです?
こんなに手間暇かけて作られた「かんずり」食べてみたくなったでしょう( ^ω^ )

では、私が代わりに色々な料理と一緒に食べてみましょう(^ ^)

まず、一番最初にやってみたかった「おでん」の辛味

おでんの辛味
おでんといえば「からし」ですが、この「かんずり」も、からしに負けていませんよー!!

パンチの効いた辛さと、柚子の爽やかな後味は、おでんとの相性も抜群!!私はからしより「かんずり」の方が好きだな〜(≧∀≦)

さてお次は、ピザの辛味として☆
ピザの辛味
ピザといえば「タバスコ」ですが、実はタバスコも発酵食品なんですよ♫
だから、親戚みたいな感じでピザとも合うんです!!

私はこれからタバスコではなく「かんずり」派です(^-^)v

そしてお次は、お味噌汁の辛味として。
味噌汁の辛味
味噌も発酵食品なので、こちらも相性はgood(^-^)v
こちらは以前ご紹介した「鯖缶の味噌汁」ですが、豚汁ともきっと合うはず!!

いや〜、ここまで合わなかったものはありません!!

そして最後は、私の大好きな納豆の辛味として
納豆の辛味
納豆にも「からし」が入っていますが、この「かんずり」を使ったら、もう他のものでは物足りなくなるんじゃないか??と思うくらいの最高の組み合わせ!!

こちらも発酵食同士だから相性はいいのは分かりますが、これほどまでに美味しいと商品化してもいいんじゃないかと思うくらい感動しました(≧∀≦)

「かんずり」は、トウガラシの辛味もありながら、糀の旨味と深み、さらには柚子の爽やな後味まで味わえる、最高の発酵香辛料でした!!

新しい発酵食に出会えて嬉しい限りです☆

この感動を是非皆さんにも味わって頂きたい!!

気になった方は、是非お試しください*\(^o^)/*

Tags

Share