発酵食試作|かおりの発酵実験室
更新日 2017/10/23

【作り方:甘酒】だし生甘酒で「中華風冷やし茶漬け」編

こんにちは。
かおりの実験室へようこそ!

今回は、以前作った「だし生甘酒」を使って、「効く!生甘酒」(主婦の友社)の63ページにある「中華風冷やし茶漬け」にチャレンジしたいと思います。


※「だし生甘酒」の作り方はこちら

せっかくなので、もちもち麦を入れて炊いた麦ごはんで作ってみようと思います。 甘酒でお茶漬けなんて、未知の味過ぎて想像もつきません。 どのようなお味なんでしょうか、試してみたいと思います♪

今回の実験内容 中華風冷やし茶漬け

①だし生甘酒 360ml
②冷やごはん(麦ごはん) 160g
③薄口しょうゆ 小さじ2
④大葉 2枚
⑤ごま油 数滴
⑥白ごま 少々


ヨーグルティア、だし生甘酒、ご飯

実験開始

  • もちもち麦をパッケージ通りにやわらかめで炊き、冷ましておく。
  • もち麦ごはん
  • ボウルにだし生甘酒を入れ、しょうゆを加えて味をととのえる。
  • 器にごはんを盛り、②を注ぎ、ごま油をかける。
  • 仕上げに白ごまを振り、千切りにした大葉を載せる。4
だし生甘酒完成

試食

甘酒のクセが無く、しょうゆとごま油でしっかり中華風になっていて、大葉との相性もばっちりです。
さっぱりあっさりスルスルと食べられました。

また、麦ごはんの歯ごたえもあって、しっかり噛んで食べられるので食べ過ぎないで済みそうです。

今回、半分ほど少し冷蔵庫で置いておいたのですが、発酵が進んでご飯も出汁を吸っていて、全く違う味になっていました。

こちらも美味しかったのですが、甘酒の香りが強くなっていたので、苦手な方は作ってサッと食べたほうが良さそうです。



※「効く!生甘酒」(主婦の友社)の購入はこちら

Share