発酵食レシピ|ハルの発酵食日記
更新日 2017/08/17

「パイナップルジュース」軽い炭酸のような口当たりが発酵のサイン☆ パイナップルの優しい甘酸っぱさもしっかり味わえます(^_^)v

久々に本屋で情報収集♫

早速、気になる本を見つけました(^^)

「からだにおいしい発酵生活」(宝島社)

発酵食生活の本
この本は、発酵生活研究家の栗生隆子さんが、ご自身の難病を発酵食によって完治した経験を元に、季節の発酵食レシピや普段使いの作り置きレシピの他、発酵への思いが綴られた本です。

ご自身の身体が発酵食によって着実に健康になっていく様子は、実体験ならではの説得力があります。

また、発酵食レシピは、小さい頃おばあちゃんの家で食べた昔懐かしいものから、身近な食材を使った目からウロコのレシピまで、興味深いレシピが沢山ありました。

発酵食に興味のある方には、とても参考になる本ですよ(^^)

私も良い刺激を受けました(^_^)

という訳で、早速、こちらの本に紹介されていた「パイナップルジュース」を作ってみる事にしました(^_^)v

あ、でも使うのは「芯」ですよ〜(^^)

ちなみにパイナップルは、実の部分より芯の方が栄養価が高いそうです!!

では早速作っていきますね٩(^‿^)۶


「パイナップルジュース」の作り方

<材料>

・生パイナップルの芯                 1個分
・水                                             500ml
・砂糖                                         大1〜2
<作り方>

① 生のパイナップルを切り分け、芯を取り出します。


パイナップルを半分に切る

② 煮沸消毒したガラス瓶に、切り取ったパイナップルの芯を入れます

ガラス瓶に芯を入れる

③ 砂糖を入れます

砂糖を入れる

④ 水を注ぎます

水を注ぐ

⑤ 蓋をして常温で2〜3日置いた後、冷蔵庫で保管します。

2~3日常温に置く

1〜2日して気泡が出てきたら飲み頃です♫ 小さい気泡がビンの内側に付いて、水が薄いパイナップル色になりました(^^)

気泡が出てきたら完成

では、早速いただきま〜す*\(^o^)/*

ジュース完成
おぉーーーっ!!
これが発酵というものかーーー☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

軽い炭酸のような口当たりが発酵のサイン☆
パイナップルの優しい甘酸っぱさもしっかり味わえました(^_^)v

しかし、次男坊が飲んだら「薄いジュースだね。。。」と言って一口飲んで向こうへ行ってしまいました(^^;
子どもにはこの美味しさ分からないだろうな〜ƪ(˘⌣˘)ʃ

最近発酵食をよく食べているせいか、少しだけ発酵の味の違いが分かる様になってきました。
感覚が澄んできたのでしょうか(*⁰▿⁰*)

発酵食を食べるようになって、今まで「おいしい」と思っていたものが「味が濃い」と感じる様になったり、違和感を感じて食べたくなくなったものが増えたという事は、発酵食によって身体に必要なものとそうでないものを嗅ぎ分けられる力がついてきたのかもしれません(^^)

「私たちの体は食べ物で出来ている」

そんな事を感じつつある今日この頃なのでした(^_−)−☆

Share