発酵食レシピ|ハルの発酵食日記
更新日 2016/01/19

「フルーツビネガー」第二弾!!「キウイビネガー」編

青いケトルとパン

前回、「野田琺瑯」の青ケトルの話をしましたが、このケトルでコーヒーを入れると驚く程美味しくなったんです!!!

私の趣味で、コーヒーは豆からミルで挽いて点てているのですが、空気をたくさん含んだお湯を使うと、挽いた粉がブワっと膨らんで雑味を通さず美味しい部分だけを抽出してくれる様なきがします。(あくまで気がするだけで、本当の所は分かりませんがσ(^_^;))

色もキレイで香りもいいっ!!

う〜ん、幸せ(≧∇≦)

ま、そんな事を言っている私ですが、珈琲にはきっちり砂糖とミルクを入れる派です(^ ^)

でも、珈琲が好きなんでーすV(^_^)V

そして、珈琲が美味しくなったら、今度は朝の食パンを美味しく食べれたら。。。と思い、今度は偶然見つけた「セラミック板焼き網」を購入しちゃいました♫

最近物欲増してきたかも。。。。^^;

こちらは、キッチンのロングセラーで、食パンに限らず魚や野菜なども焼ける万能焼き網です。

セラミックの遠赤外線には、食材の水分を逃さず、旨味を閉じ込め、ふっくらとジューシーに仕上げる効果があるそうで、実際食パンを焼いてみると、外はカリッと中はもっちりと仕上がっていました。

感動ーーー(≧∇≦)

でも、あまりの焼きの早さに、少々焦がしてしまいましたf^_^;)

いやー、これはいいですよ!!

お値段も1200円とお手頃で、コンパクトでお手入れしやすいのもオススメです♫

食パンのCMの様な「カリッともっちり」が味わえますよ(^з^)-☆

気になる方は是非お試しください♫

さて、本日は前回に引き続き「フルーツビネガー」第二弾!!

「キウイビネガー」を作ってみたいと思います♫

「キウイビネガー」の作り方

<材料>

・キウイ 2個

・氷砂糖 30g

・酢 100cc

<作り方>

※ガラス瓶を熱湯消毒して冷ましておきましょう。

①キウイの皮を剥いて、お好みの大きさに切り分けます。

②氷砂糖をガラス瓶の一番下に入れます。

ガラス容器に氷砂糖を入れる

③キウイを入れます。

キウイを入れる

④酢を入れます。

酢を入れる

この後は、フタをして1日一度はかき混ぜましょう♫

氷砂糖が溶けたら飲み頃です♫

今日もあっという間に出来上がりました(^_^)v

ちなみに1日経ったものがこちら。
キウイビネガー

氷砂糖も半分溶けて、酢がキウイ色に染まってきています。

これで、フルーツビネガーの瓶が2種類並びました♫

いい感じ(#^.^#)

1週間後が楽しみだな〜(≧∇≦)

そして最終回は、フルーツビネガーの王道と言われる「りんごビネガー」を作ります☆

是非是非、次回もお楽しみに〜(^з^)-☆

Share