発酵食試作|かおりの発酵実験室
更新日 2015/03/24

【作り方:ヨーグルト】R-1のむヨーグルト、おいしい牛乳編

かなの実験室へようこそ!

今回はR-1ヨーグルトのドリンクタイプでヨーグルトを作ってみたいと思います。

●今回の実験内容

①R-1ドリンクタイプ
②明治おいしい牛乳
③発酵温度 42℃
④発酵時間 7時間

R-1飲むヨーグルト準備

●R-1ドリンクタイプ

「1073R-1乳酸菌」は、ヨーグルトを作るために使用されるブルガリア菌のひとつで、多糖体を多く産生することが特徴です。乳酸菌などが菌体外に作り出す多糖体をEPSと呼び、EPSは生体に対して免疫機能を活性化することが分かっています。
明治の試験結果では、1073R-1乳酸菌を使用したヨーグルトに、NK活性増強効果や風症候群への罹患リスク低減効果、さらにはインフルエンザの抑制効果の可能性があることがわかりました。
*明治ヨーグルトライブラリーより抜粋

R-1飲むヨーグルト

●実験開始

レンジで消毒した容器に飲むヨーグルトと牛乳を入れてます。
(消毒後の容器には、先に少量の牛乳を入れて容器を冷ましておくと失敗しにくくなります)

飲むヨーグルトでしたので、すぐに溶けます。

42℃、7時間にセットして発酵スタート。

冷蔵庫で冷やして完成!
固まりました。

R-1飲むヨーグルト完成

食す

とても食べやすいヨーグルトです。
酸味は強くなく、食感もさらりとして一般的なヨーグルトの感じです。

硬さ ★★☆☆☆
酸味 ★★☆☆☆

 

相変わらずドリンクタイプは作るのが一層簡単です。
R-1ヨーグルトから作るのに比べて、酸味ともっちり食感が抑えられています。
酸味がほとんどなくほんのりと甘いので、そのままでも美味しくいただけるヨーグルトです。

同じ乳酸菌ですが、ドリンクタイプから作ると味や食感にかなり違いがありますね。
お好みの物をみつけて見てください♪

次回はココナッツミルク入りヨーグルトを作ってみたいと思います。

●R-1ドリンクタイプ成分表

パッケージ裏面の表示
・種類別名称:はっ酵乳
・無脂乳固形分:8.1%
・乳脂肪分:0.5%
・原材料名:乳製品、ぶどう糖果糖液糖、砂糖、安定剤(ペクチン)、香料、甘味料(ステビア)、酸味料
・内容量:112ml

栄養成分
・エネルギー:76kcal
・たんぱく質:3.6g
・脂質:0.67g
・炭水化物:13.9g
・ナトリウム:48㎎
・カルシウム:129mg
・糖類:13.3g

Share